ウェブレポについて

施設給付、地域型保育給付の確定

ウェブレポ基本パッケージでは公定価格分について全て網羅しています。年度途中で公定価格が変更されても最新の公定価格表がシステム側で反映されるため今までのようにエクセルの加算額を施設ごとに変更する必要がなくなります。

●施設管理

施設ごとの定員対応事業・加算項目等 一括管理が行えます。

●給付費の確定

毎日入所児童数の入力を行うことで、 正確な給付費が確定します。

様々な機能

給付担当の皆さんの最大の悩みは遡った加算の変更や公定価格の変更ではないでしょうか。既存のシステムは過去のデータが日々上書きされてしまうためエクセルでの差分計算に追われてしまいます。ウェブレポは共同研究の中で最も声が大きかったこの遡りの変更や一年分一括での清算を可能にしました。

●再計算と請求書発行

一度確定した給付費でも加算項目や加算学の変更が行われた際に確定履歴が残るため差額精算も簡単に行えます。

●一括処理

施設毎に年度初めまで遡って公定価格テーブル、加算項目の変更を一括で行い差額精算が可能となります。

機能一覧

自治体側 加算率
加算見込み額
施設情報・加算項目
印刷機能
システム利用者管理
保育施設側 メッセージ送信管理
受託自治体別請求書
加算見込み額確認
職員管理(職員履歴)※1
職員管理(月別担当)※1
共通 初月入所児童数
請求書印刷機能
加算項目管理
承認フロー
延長保育所児童数(標準時間・短時間)
一時預かり児童数
病児保育預かり児童数
休日管理
※1

セキュリティ要件を確認する必要があります。

システム構成

ウェブレポ標準ネットワーク

ウェブレポの一般的な構成となっており、インターネットに接続可能な端末をご用意いただくことで、自治体ならびに保育施設への特別な設備投資は必要としません。

ウェブレポVPN接続ネットワーク

自治体庁舎内端末からインターネットアクセスが不可な場合はウェブレポネットワークへ接続するためのVPN接続専用ルータを設置させていただきます。

おが〜るウェブレポは
以下のブラウザでお使い頂けます

古いバージョンは重大なセキュリティの危険性を抱えることになりますので、常に最新の状態でご利用ください。

Internet Explorer version 11 以上
Google Chrome version 32.0.1700 以上
Firefox version 23 以上
Safari version 7 以上

オプション

おが〜るウェブレポをさらに便利に使っていただけるオプションの一例を紹介いたします。

市区町村
独自加算対応

自治体1つ1つの独自加算設定を弊社で構築が可能です。

CSVの取込

既存の自治体保育業務システムからCSVを取り込むことで、一括で計算が可能です。

請求・内訳書の
カスタマイズ

市区町村独自のレイアウトで請求・内訳書の発行が可能になります。